マツダ・デミオを一部改良

2012.05.30

マツダは、デミオを一部改良し本日より発売を開始した。

今回のデミオの一部改良では、13C-V SMART EDITION II(スマートエディションII)にリアルーフスポイラーやアンダーカバーなどを採用すると同時に、JC08モード燃費を0.4km/L向上しています。

エコカー減税によって、自動車取得税および重量税が免税となる13-SKYACTIVに加え、新たに13C-V SMART EDITION IIが50%減税対象となった。

デミオの一部改良の概要は以下のとおりだ。

13C-V SMART EDITION II
・13C-V SMART EDITIONから13C-V SMART EDITION IIへ機種名を変更
・リアルーフスポイラーやアンダーカバーなどを採用。
・JC08モード燃費を20.2km/Lから20.6km/Lへ0.4km/L向上
・メーカーセットオプションを追加
  アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム&アドバンストキー×2+イモビライザー
  ディスチャージヘッドランプ(ロービーム:オートレベリング機構付)+フロントフォグランプ

13-SKYACTIV
・スポーティパッケージおよびコンフォートパッケージ装着車に、新シートカラー、ボーダーブラックを追加

ボディカラー(全機種共通)
・ストーミーブルーマイカ、クリアウォーターブルーメタリックを含む全11色

なお、価格は13Cの1,149,000円からSPORTの1,621,750円まで

 
最新国内ニュース