国内ニュース

2012.08.29

メルセデス・ベンツSL65 AMGを発売

メルセデス・ベンツ日本は、SLの最上級モデルであるSL65 AMGを8月29日より発売する。

このSL65 AMGは、SLクラスに、メルセデスAMG社開発による6.0リッターV型12気筒ツインターボ・エンジンを搭載したモデル。搭載されるAMG 6.0リッターV型12気筒ツインターボ・エンジンは、新設計のターボチャージャー、燃焼システム、吸排気システムを採用し、最高出力463kW/630PS(従来比+13kW/18PS)、最大トルク1,000Nmのパワーを持つ。トランスミッションはAMGスピードシフトプラス7G-TRONICが組み合わせられる。

またシャーシは、ABC(アクティブ・ボディ・コントロール)をベースにSL65 AMG専用チューニングを施したAMG スポーツサスペンションや、強大な制動力と高い耐フェード
性を両立したAMG 強化ブレーキシステムが採用されている。

エクステリアは、クローム処理を施したSL65 AMG専用ツインブレード・デザインラジエーターグリルや専用デザインクロスストラット、AMGマルチスポーク鍛造アルミホイール(フロント:19インチ、リア:20インチ)、SL 65 AMG 専用デザイン・デュアル・ツイン・クローム・エグゾースト・エンドなどが装備される。

インテリアは、シートやドアパネルに最高品質のナッパレザーをふんだんに使用しダイヤモンドステッチを施したフル・レザー・インテリアを採用、さらにルーフライナーにも部分的にダイヤモンドステッチを施したナッパレザーを使用するなど上質を極めたものとなっている。

装備面では、スイッチ操作でクリアモードとダークモードを切り替え、ルーフを閉じた状態でも快適なオープンエアの雰囲気を味わうことができるマジック・スカイ・コントロール・パノラミック・バリオルーフ、5つのレーダーセンサーと1 つのカメラを用いて前方や側方の車両など障害物を検知し、自動的にブレーキを作動させ衝突の危険性を低減する最新の予防安全システム、レーダー・セーフティ・パッケージを標準装備。また、車内テレマティックシステムには、最新鋭のCOMAND システムを採用、携帯電話を接続しインターネット検索と連動するHDD ナビゲーションシステムやBluetooth®オーディオ、ハンズフリー電話など充実した機能を、ダッシュボード上面中央の大画面のCOMAND ディスプレイと手元のCOMAND コントローラーにより簡単に操作できまる。さらに音響面では、低音スピーカーを前席足元に設置したFront Bassシステムと、最高級オーディオブランド、Bang & Olufsen BeoSound AMG サウンドシステムを組み合わせられるという。

価格は、30,500,000円

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ