トヨタ、2015年までに新型HVを21モデル投入

2012.09.24

トヨタ自動車は、2015年までに新型ハイブリッド・モデルを21モデル投入すると発表した。

まず、2.5リッターAR系ガソリン・エンジンをベースとしたアトキンソン・サイクルと直噴D-4システムを採用したハイブリッドを新開発し、2013年以降に投入する。また、2.5リッターAR系ガソリン・エンジンをベースに2.0リッターへのダウンサイジングを行いターボチャージャーを追加した2.0リッターAR系ターボチャージャー付エンジン搭載車を2014年以降に投入する。

また、高性能コンパクトEV、eQを開発。世界最高の電費104Wh/kmを実現したモデルで、一充電走行距離100km、最高速度125km/hをマークする。このeQは、AC200Vで満充電が約3時間で、2012年12月以降に日本と米国で自治体や特定利用者向けに限定導入を開始する。

 
最新国内ニュース