フォード・マスタングの2013年モデル発売

2012.10.04

フォード・ジャパン・リミテッドは、2013年モデルのマスタングを10月4日より発売する。

エクステリアでは、エンジンフード、フロントグリル&バンパーフェイシアおよびリアバンパーのデザインを変更。また、HIDヘッドライトについても新デザインとなり、スモールランプ部分には特徴的なライン上のLEDバルブが採用されている。また、リアの3連コンビネーションランプについてもLEDを採用した新たなデザインとなった。

インテリアでは、メータークラスターのデザインを変更し、クラスター中央に新たに4.2インチのLCD(液晶カラーディスプレー)を採用したインフォメーション・ディスプレイを配置。また、このディスプレイ上にTrack Apps(トラック・アップ)機能を搭載し、0-60mph加速のタイム計測等を計測できる。またV6モデルに、これまでV8シリーズに装備されていた運転席&助手席シートヒーターを採用し、さらに助手席にも6ウェイ・パワーシートを装備し快適性を向上させた。

パワートレインでは、セレクトシフト・トランスミッションを新たに採用。シフトレバーに装着されたサムシフト・スイッチを操作し、マニュアル・モードでの走行を楽しむことを可能とした。また、V8エンジンの最高出力を426psへと、従来比で8ps向上させている。フォード独自の車両安定化装置アドバンストラックも装備される。

モデル・レンジはこれまで同様、V8コンバーチブル、V8クーペ、V6クーペの3機種がラインアップされる。なお、価格は現行モデルから据え置きの、4,300,000円から5,700,000円。

 
最新国内ニュース