アバルト・プントに名称変更とラインナップ拡充

2012.10.24

フィアット クライスラー ジャパンは、アバルト・プント エヴォをプントに名称変更し、同時に新しいプント・シリーズとしてラ特別仕様車と限定車の2 モデルを導入する。発売は、アバルトの創始者であるカルロ・アバルトがさそり座の期間中に誕生したことにちなみ、さそり座の初日である2012年10月24日からだ。

プントは、プントエヴォからの名称変更のみだが、これまで通り、パフォーマンスを向上させるパーツキット、アバルト・プント・エッセエッセKONIキットおよびアバルト・プントKONIキットによるアップグレードが可能。

特別仕様車のプント・スーパースポーツは、エクステリアについては、アバルトを象徴するボディカラーであるグリージョ カンポヴォーロ(グレー)に、アバルト 124 ラリーにちなみ、ボンネットとルーフパネルに、マットブラックペイントとスペシャルストライプを
施したモデル。また、ホイールはブラックにペイントされる。また、エンジン・パワーは、ノーマルのプントの163ps/5,500rpmに対し180ps/ 5,750rpmまで高められる。

日本限定40台のプント・スコルピオーネは、全世界で199台の限定車だ。エクステリアは、ネロ スコルピオーネ(ブラック)のボディカラーをベースに、スーパースポーツと同様の特別ペイントを施し、ブラックペイントされた18インチアロイホイールを採用する。また、前席にはSabeltシートを採用している。

価格は、プントが2,890,000円、プント・スーパースポーツが3,090,000円、そしてプント・スコルピオーネが3,740,000円。

 
最新国内ニュース

人気記事