国内ニュース

2014.11.10

ホンダ、レジェンドをフル・モデルチェンジ

ホンダはフラッグシップ・セダン、レジェンドをフル・モデルチェンジし、2015年1月22日に発売すると発表した。新型レジェンドは、3モーター・ハイブリッドシステム”SPORT HYBRID SH-AWD(スーパー・ハンドリング・オールホイール・ドライブ)”を採用するなど、ホンダにとって限界に挑戦するプロジェクトになったという。

5代目となる同車は、車体前部に1つ、後部に2つ配置された計3つのモーターとエンジンを搭載。ドライバーの要求や走行状況に応じて、前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動の3つの駆動方式と、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブという3つの走行モードの中から、最適な駆動方式とエネルギー効率に優れた走行モードを自動で切り替えるという。

エンジンは314ps、37.8kg-mを発揮する新開発の3.5ℓ水冷V6直噴i-VTECエンジン。モーターはフロントが48ps、15.1kg-m、リアが1基当たり37ps、7.4kg-mを発揮する。リヤに搭載する2つのモーターは、後輪の駆動力に加え減速力をも左右それぞれに制御するトルクベクタリングを可能とし、高い操縦安定性、上質な乗り心地、16.8km/L(JC08モード)という燃費性能を達成している。車重は1980kgだ。

また、世界初となる歩行者への衝突回避を支援する”歩行者事故低減ステアリング”など、事故の未然防止や回避に寄与する先進の運転支援システム”Honda SENSING(ホンダ センシング)”を搭載する。これはミリ波レーダーによる検知技術とカメラの視覚認識を、互いに連携しあうことで実現したものだという。

他にもジュエル・アイと名付けられたレンズの中を2回反射させる先進ヘッドライト、Krell(クレール)社と共同開発したオーディオなどを装備する。

価格は680万円。

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ