ルノー、新型トゥインゴを発表

2016.07.13

ルノー・ジャポンは新型ルノー トゥインゴを発表。9月15日より、全国のルノー正規販売店で販売する。

本モデルで3代目となる現行型は、リアエンジン・リアドライブ(RR)レイアウトを採用している。

これまでエンジンを積んでいたフロント部に生まれたスペースを利用し、タイヤの切れ角を増やすことで、高い小回り性を実現するための判断だったという。

エンジンの最高出力は90ps/5500rpm、最大トルクは13.8kg-m/2,500rpm を発生する。排気量は0.9ℓのターボ・エンジンで、組み合わされるトランスミッションはデュアル・クラッチATのみの設定となる。

個性的な外観に合わせられるボディ・カラーは6色、インテリア・カラーは3色が用意されている。

標準グレードは ‘インテンス’ の1ラインであり、ハード・トップとキャンバス・トップの2種が用意される。価格は前者が1,890,000円、後者が1,990,000円。メタリック・カラーは32,400円高。

発表会ではパリコレにちなんだファッションショーが開催され、特別ゲストのIVANが会場を沸かせた。

AUTOCARは既に、英国ではトゥインゴ TCe90 ダイナミックトゥインゴ SCe70 ダイナミックの2種(いずれも英国で展開されているグレード)をテストしており、ライバルにあたるフォルクスワーゲンUp!との比較テストも実施済みである。

明日には、より深く掘り下げた徹底解説を公開する予定である。


▶ 海外初試乗 / ルノー・トゥインゴ TCe90 ダイナミック
▶ 海外初試乗 / ルノー・トゥインゴ・ダイナミックSCe70
▶ カーレビュー / ルノー・トゥインゴ vs フォルクスワーゲンUp!
▶ 海外ニュース / ルノー・トゥインゴGTを公開

 
最新国内ニュース

人気記事