国内ニュース

2018.05.21

フィアット500C 60th ヌォーヴァ500の60周年記念 2トーンカラーの限定車

編集部より

フィアット500Cの限定車「500C 60th」が発売されました。1957年に登場したチンクエチェント「ヌォーヴァ500」の60周年を祝し、2トーンカラーを現代的に再現しています。写真9枚をご覧ください。

50台限定 5/21発売 写真9枚

FCAジャパンは、フィアット500Cの限定車「500C 60th(シックスティース)」を、5月21日から50台限定で販売する。

ヌォーヴァ500の誕生60周年を記念した当限定車は、内外装に数々の専用装備を採用した特別感溢れる1台。1.2ラウンジをベースに、

・特別な2トーンカラー「ビコローレ」

を採用したのが特徴だ。車体の上下を異なる色で塗り分けたビコローレは、ヌォーヴァ500が誕生した1957年以前からフィアットが採用していたカラースキーム。当限定車ではアイボリーとアイスホワイトを組み合わせ、歴史あるビコローレをモダンなタッチで再現した。


さらにエンジンフードのクロームラインやクローム仕上げのエクステリアミラーハウジング、2トーンの専用アルミホイールといったエクステリアパーツや、往年のFIATエンブレムをモチーフとしたFIATビンテージロゴ、「60」の文字をあしらったBピラーの60thロゴなど、伝統と遊び心が融合したチンクエチェントらしい表現が用いられている。


インテリアはアイボリーを基調に、鮮やかなボルドーを随所に散りばめた。上品さが漂うアイボリーのレザーシートにボルドーのパイピングがアクセントとして取り入れたほか、大胆なボルドーのダッシュボード、ボルドー/ブラックのフロアマットなど限定車ならではのカラーリングによりビンテージとモダンが調和した仕立てにしている。さらに様々な情報をカラー液晶パネルに表示するTFTメータークラスターも特別装備した。

価格は284万400円。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『フィアット500C 60th ヌォーヴァ500の60周年記念』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ