ミラ・トコット 販売目標の3倍、9000台受注 スマアシIIIほぼ全て選択 新色が売れ線

2018.07.26

サマリー

ダイハツ・ミラ・トコットの累計受注台数が、発売後1カ月で、月販目標台数3000台の3倍となる約9000台に。メインターゲットの若年女性はもとより、子離れやシニアなど幅広い年齢層が購入。ほぼすべての顧客がスマートアシストIIIを選択。セラミックグリーンメタが売れ線です。

もくじ

ミラ・トコット、目標の3倍販売
誰が買い、何が人気なのか

ミラ・トコット、目標の3倍販売

ダイハツが2018年6月25日(月)に発売した新型軽乗用車「ミラ・トコット」の累計受注台数が、発売後1カ月で、月販目標台数3000台の3倍となる約9000台となった。

主な好評点として、ダイハツは以下3つを挙げる。

・お求めやすい価格で設定されたスマートアシストIIIやパノラマモニターなどの安全性能
・車両感覚がつかみやすく、安心して運転できるパッケージ
・シンプルで愛着のわくデザイン

誰が買い、何が人気なのか

購入層はメインターゲットの若年女性はもとより、子離れやシニアなど幅広い年齢層にわたるという。

想定の約9割を上回る、ほぼすべてのカスタマーがスマートアシストIII搭載グレードを選択。

新色のセラミックグリーンメタリックが最も人気とのことだ。

 
最新国内ニュース

人気記事