国内ニュース

2018.12.21

ジャガーEペイス 200psのインジニウム・ガソリン車を追加 2019年モデル

編集部より

ジャガーのコンパクトSUV「Eペイス」が、2019年モデルになりました。新たに最高出力200psの2.0ℓガソリン車が追加されています。入り口価格は443万円となりました。

入り口価格、443万円

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、コンパクト・パフォーマンスSUV「E-PACE(Eペイス)」2019年モデルの受注開始した。

2019年モデルは、ラインナップに最高出力200psを発揮する2.0ℓ直列4気筒インジニウム・ガソリン・エンジンを新たに追加。全30機種展開に拡充した。また、価格体系を見直し、スタート価格を443万円からに設定したのもトピックだ

人工知能(AI)アルゴリズムを備え、リモートキーとスマートフォンのBluetoothを介して車両がドライバーを識別し、ドライバーの好みに応じて、温度設定やインフォテインメント、シート位置などを自動調整する「スマート・セッティング」を新搭載。さらに、離れた場所からクルマの情報を確認・操作できる「リモート」を全グレードに標準装備し、スマートフォンと連動する機能「InControlアプリ」、「Wi-Fiホットスポット」を装備するなど、コネクティビティを強化した。

エンジンラインナップは?

2.0ℓ直4インジニウム・ガソリン・エンジン:3種
(200ps/32.6kg-m、249ps/37.2kg-m、300ps/40.8kg-m)

2.0ℓ直4インジニウム・ディーゼル・エンジン:1種
(180ps/43.8kg-m)

エンジンラインナップは、ガソリン/ディーゼル合計で全4種類をラインナップ。

最高出力300psのインジニウム・ガソリン・エンジン車には、アクティブ・ドライブラインを標準装備。通常走行時にはトルクを前輪50%、後輪50%に、安定した路面での巡航時には前輪に100%を割り当て、燃料消費を抑えるとともに、前輪がスリップするなどAWDが必要な条件では瞬時(0.3秒以内)に後輪へトルクを伝達し、グリップレベルに応じて、後輪に最大100%まで配分し、スムーズで安定した走行が可能となる。

さらに、コーナリング時にはリア外輪により多くのトルクを配分するトルクベクタリングでヨーレート(回転運動)を発生させ、RWDのスポーツカーのような走りを実現。

安全機能については、エマージェンシー・ブレーキ、ドライバーコンディションモニター、レーンキープ・アシスト、360度サラウンドカメラ、歩行者用エアバッグなどのドライバー支援システムを標準装備した。

荷室・室内空間については、リアシートを折りたたむと最大1234ℓ(通常時は577ℓ)の大容量を確保する最大幅1.3mのラゲッジルーム。取り外し式のカップホルダーを備え、iPadなどの小型タブレットや750mℓのペットボトル4本をフラットに収納できる8.5ℓの大容量センターコンソール、自在なシートアレンジを可能にする60:40可倒式リアシート、4つの12V電源ソケットと2つのUSBソケットを完備する。

next pageEペイス 全30機種 価格一覧

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ