ケンウッド、アルミホイールを発売へ 「ENKEI」「KENWOOD」のダブルネーム

2019.01.08

100字サマリー

KENWOODブランドのアルミホイールが発売されます。18インチ/15インチが用意され、C-HR、カムリ、N-BOX、NCロードスターをはじめ80車種以上に対応。東京オートサロンにも展示されます。

C-HR、カムリ、N-BOX、NCロードスターにも

JVCケンウッドが、KENWOODブランドより、アルミホイールを発売すると発表した。1月11日金曜から開催される東京オートサロンのデモカーに装着される製品だ。

本アルミホイールは、ケンウッドにおけるカー用品の新ジャンルとして登場。ベースとなるのはエンケイ製の「PF07」。大胆で力強いスタイリングとスポーツ性能を追求し、同社の市販ホイールとして人気ナンバーワンのモデルである。

スポーク側面は肉抜きで軽量化をしつつ、フランジのダブルリップと共にアグレッシブさを表現したコンケイブデザインを採用している。

カラーラインナップは、クール・シルバー、ダーク・ガンメタリック、ディープ・ゴールドのオリジナル3色を用意。専用センターキャップには、“ENKEI” と “KENWOOD” のダブルネームのロゴを配し、“KENWOOD” ロゴ・ステッカーも設定している。

サイズ展開は、18インチでP.C.Dが異なる2モデル、15インチの1モデルという計3サイズ展開。80車種以上に取り付けが可能となっている。2018年12月時点の取り付け適合車種一覧は、画像の通り。

いずれもオープン価格で、発売は2月中旬を予定している。

昨2018年、ケンウッドはカーエレクトロニクス商品の展開を通じて浸透したブランドの強みを生かし、シガーソケットチャージャーやFMトランスミッターなどのカーアクセサリー分野へと事業領域を拡大。今回、商品ジャンルの枠を広げるべく「車の走りそのもの」までコーディネートするアルミホイールを新発売した。

今後もJVCケンウッドは、カーエレクトロニクス商品の枠を超え、より豊かで、エキサイティングなカーライフを提案していくとしている。

 
最新国内ニュース