[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

360°ドラレコ 幅寄せ/側方からの追突/写らなかった信号も コムテックHDR360G

2019.03.15

360°映像 記録時間は?

録画サイズは1856×1856(ラウンド・モード)。前後の映像に分けた2分割モードなら1440×1080。有効画素数は最大340万画素。映像を360°にわたり格納するとあって気になる記録時間の目安は、

8GB:ラウンド(約48分)/2分割(約54分)
16GB:ラウンド(約98分)/2分割(約110分)
32GB:ラウンド(約190分)/2分割(約210分)

となっている。購入時には16GBのmicroSDHCカードが付いてくるので参考にして欲しい。

本体サイズは取付ステー装着時で幅66×高さ110×奥行き52mm。本体にGPSを搭載しているので、自車の速度や位置情報を映像とともに記録できる。

需要の多い「駐車監視機能」については、オプションの駐車監視・直接配線コードを使えば最大10時間を記録可能だ。Gセンサーを搭載しているので、衝撃検出時にはその前後を含めて映像を格納。もちろん360°で記録する。

ほかにも先行車発進、先行車接近、車線逸脱の通知といった安全運転機能も搭載している。個人的には、前後2カメラ式では煩わしい配線の取りまわしを一本化できる点も360°式のメリットと考えている。

「安心の日本製」を謳う3年保証が売りのコムテックHDR360G。税抜き希望小売価格は3万9800円だ。

 
最新国内ニュース