国内ニュース

2019.05.22

アルファ・ロメオ・ジュリア限定車 モノクロームエディション 50台限り

編集部より

アルファ・ロメオ・ジュリアの限定車「モノクロームエディション」が発売されました。ホイールを19インチ化するなど外観をエレガントに。50台限定です。

19インチ・ダブルスポーク・ホイールに

FCAジャパンは、アルファ・ロメオ・ジュリアに、限定車「ジュリア2.0ターボ・スーパー・モノクロームエディション」を設定し、50台限定で発売した。

GIORGIO(ジョルジオ)プロジェクトの第1弾として、新世代のFRアーキテクチャーを採用し、2017年10月に国内販売を開始したジュリア。今年4月にはアルファ・ロメオとして日本初となるディーゼル・モデルを追加している。

今回の限定車「モノクロームエディション」は、アルファ・ロメオを代表するジュリアの、スポーツサルーンとしての魅力はそのままに、定評あるスタイリングをエレガントに強化したモデル。

エクステリアには、カーボン・エクステリアミラーハウジングを採用したほか、通常は18インチとなるアルミホイールを19インチのダブルスポーク・タイプへと変更し、視覚的な低重心感を強調している。またETC車載器を特別装備した。

当限定車のベースとなる「ジュリア2.0ターボ・スーパー」は、2ℓ直4ターボ・エンジン(200ps/33.7kg-m)を搭載し、充実した装備が特徴。とくにインテリアは、

・ステアリングヒーター
・プレミアムレザーシート
・8ウェイパワーシート
・シートヒーター
・レザーインストルメントパネル
・ウッドパネル

を装備するなど、上質な仕立てとなっている。また、高速巡航時にドライバーの負荷を軽減するアダプティブクルーズコントロールも備えている。

ボディカラーは、アルファブラック(インテリアカラー:ブラック/ベージュ)とアルファホワイト(インテリアカラー:ブラック)の2色を設定し、それぞれ25台限定で販売する。

モノクロームエディションの価格は530万円だ。

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ