国内ニュース

2019.05.22

限定車ミニ・クラブマン「Blue Note Tokyo」エディション ボンネットに五線譜

編集部より

ミニ・クラブマンに、ジャズがテーマの限定車が登場。その名もブルーノート・トーキョー・エディションです。ボンネットに五線譜が描かれるコダワリの1台。

クーパーDクラブマンがベース

BMWは、限定車ミニ・クラブマンBlue Note Tokyo(ブルーノート・トーキョー)エディションを発売した。

ミニ・クーパーDクラブマンをベースに、ジャズの聖地Blue Note Tokyoとコラボレーションしたモデルである。

エクステリアは、人気が高い「ミッドナイト・ブラック・メタリック」と限定色「ホワイト・シルバー・メタリック」という都会に映える2色を用意。

五線譜と楽器の弦をモチーフにしたボンネット・デザインが大きな特徴だ。サイドのストライプは、上品なシルバーのラインに、挿し色としてBlue Note Tokyoのイメージカラーであるブルーを配した。それぞれのボディカラーに合わせて、微妙な色調整を施しているという。

また、専用サイド・スカットルは、「MINI Blue Note Tokyo」のロゴを入れたオリジナルデザインを採用し、Cピラーにもロゴ入りのブルーの専用エンブレムを装備するなど、限定感あふれるデザインとなっている。

インテリアは、Blue Note Tokyoの空間をイメージし、全体をブラックで統一。シートにレザレット・シート・カーボンブラック、ヘッドライニングは専用のアンスラサイトを採用している。

内装表面には初採用となるMINI Yoursインテリア・スタイル・ピアノブラック・イルミネーテッドを装備し、LEDのイルミネーションがドア・トリムの曲線を美しく浮かび上がらせる。深いブラックの室内空間と光のイルミネーションが、Blue Note Tokyoのモダンでシックな世界観を表現しているのだ。

next page安全装備/価格/装備一覧

すべての画像をみる

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ