[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

フィアット500S ツインエア+5MTの限定車 「マヌアーレ・ロッサ」 6/15発売

2019.06.06

100字サマリー

ツインエア+5MTのフィアット500が登場。「500Sマヌアーレ・ロッサ」は、赤の外装色に、ダークグレーのアルミを履く1台。もちろん最大の特徴は “走りの楽しさ” 。

赤の外装色、ダークグレーのアルミ

FCAジャパンは、フィアット500(チンクエチェント)に、マニュアルトランスミッションを採用した限定車「500Sマヌアーレ・ロッサ」を設定し、6月15日に発売する。

イタリア語で “自ら操る” という意味の「Manuale」と “赤” の意味の「Rossa」を車名に含む本限定車は、ツインエア・エンジン+5MTという、通常は設定のない組み合わせを実現したもの。独特のフィーリングを生み出す2気筒ターボエンジンを自らの手で操ることで、日常の至るところでドライブの楽しみを堪能できるのが特徴だ。

ボディカラーは、ファッショナブルなパソドブレ レッドを採用。ダークグレーの専用15インチアルミホイールがスポーティな雰囲気を一層引き立てる。またマニュアルモデル専用のフォグランプ付きフロントバンパーやサイドスカート、リアバンパーを装備。さらにサテングレーのアクセントラインやドアハンドル、クローム仕上げのエグゾーストフィニッシャーなど、細部にもスポーティ感を引き立てる演出が加えられている。

内装は引き締まった印象のブラックを基調に、シートやドア内張りに明るいアクセントカラーがあしらわれ、洗練された雰囲気に仕上げられている。

装備については、レザースポーツステアリングホイールや専用インストルメントパネル、Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応した7インチタッチパネルモニター付きインフォテインメントシステム「Uconnect®」、START&STOPシステムなどを標準装備した。

500Sマヌアーレ・ロッサは80台限定で、価格は246万円だ。

 
最新国内ニュース