国内ニュース

2019.08.02

改良新型ジャガーXE(2020年モデル)、日本導入 運転支援システム、全車標準

編集部より

ジャガーXEの2020年モデル(日本仕様)の受注が始まります。運転支援システムが全グレード標準化。モバイル機器のワイヤレス充電を採用するなど、商品力を高めています。

スマホのワイヤレス充電 初採用

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、スポーツ・サルーン「ジャガーXE」2020年モデルの受注を8月3日より開始すると発表した。

2020年モデルでは、デザインに「Fタイプ」の要素を取り入れ、スポーツ・サルーンとしての個性を際立たせている。前後バンパーのデザインを改め、「Jブレード」デザインのLEDヘッドライト、半円形のLEDテールランプを採用。インテリアには直感的に操作できる「スポーツ・シフト・セレクター」を採用したほか、レザーシートを全グレードに標準装備して、ラグジュアリーな車内空間に仕上げている。

また、エンジン体系を見直して、ラインナップには「Rダイナミック」グレードを追加し、全17機種展開に。「Rダイナミック」は、航空機用ウィングレットからインスピレーションを得たボディラインやダークメッシュ仕上げのグリルなど専用のエクステリア・デザイン、コントラスト・ステッチを施したスポーツスタイルシートやサテンクロームのギアシフト・パドルなどが特徴となっている。

インフォテインメント機能については、10インチと5インチの高解像度デュアルタッチスクリーンで構成されるインフォテインメント・システム「タッチプロ・デュオ」をはじめ、モバイル機器のバッテリーをケーブルに接続することなく充電可能な「ワイヤレス・デバイス・チャージング」(ジャガー・ランドローバー初)、車体上部のカメラで撮影した映像をルームミラーに映しだす「ClearSightインテリア・リアビュー・ミラー」(ジャガー初)など、先進テクノロジーを駆使した機能や装備を取り入れ、利便性を高めている。

運転支援システムについては、これまでオプション装備だったレーン・キープ・アシストやドライバー・コンディション・モニター、トラフィック・サイン・レコグニション、アダプティブ・スピードリミッターなどを全グレードに搭載したのがトピックだ。

 
最新国内ニュース