BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

初試乗

2019.04.07

新型911カレラ4S/ロータス・エヴォーラGT410スポーツ/アウディR8 V10

エヴォーラの視界には大きな問題がある。Aピラー周辺からドアミラーを確認することは難しく、リアサイドのスリークォーターウインドウは使い物にならない。そんなことなどまるで気にしていないかのように運転するしかない。
911のキャビンデザインと品質がここまで来るには長い道のりが必要だった。
エヴォーラを選ぶ理由とは言い難いが、初期モデルに比べればインテリアも大幅に改良されている。
アウディのキャビンで使用されているマテリアルの質感は高いが、視界とドライバーの快適さでは911に敵わない。
ロータスが履くミシュランタイヤはドライ路面で、911のグッドイヤーはウェットと面でその能力を発揮する。
エヴォーラが誇る世界基準の機敏なハンドリングは、911のライバルに相応しいだろうか?
R8最高の魅力となっているのは、その強力な自然吸気V10エンジンだ。
8000rpmを越えても回転上昇を止めないR8のV10の味を知ってしまえば、対抗できる6気筒など存在しないと思っても仕方がない。このエンジンだけでも、その価格に見合う価値は十分にある。
7000rpmまで回したときのエヴォーラが積むV6スーパーチャージャーは、熟成されたポルシェのフラットシックスよりも刺激的だが、R8は驚異的とも言える570psと57.1kg-mを発揮する。
登場後10年を経ても、相応しいコンディションで走らせるエヴォーラの魅力には、ポルシェもアウディも敵わない。
1位:優れたキャビンテクノロジーと控えめな高級感が、伝統のドライバーアピールと混然一体となっている。世界最高のスポーツカーの1台が、さらなる進化を遂げた。 2位:実用性や成熟度ではポルシェの敵ではないが、もともとそんなものは考慮していない。素晴らしいほどにシンプルでエキサイティングなモデルであり、何よりもそのハンドリングがこのクルマの魅力だ。 3位:アウディが誇る親しみやすい4WDスーパーカーにはワールドクラスのエンジンが積まれているが、他のミッドエンジンモデルほどのダイナミクス性能は備えていない。

この画像の記事を読む

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ