特別企画

2018.05.20

スクープ フォード・フォーカスRSに重大な持病 対応に不満の声も

RSのエンジンをシーハンに見せるヒラリー・コットン氏(右)。フォードはRSのリコールを発表した。
間違ったヘッドガスケットの組みつけによって、冷却水が正しく循環しなくなり、オーバーヒートや排気に白煙が混じる症状を起こすことになる。
マーク・ブリッグス氏のフォーカスRSは、フォードの判断でエンジン交換を受けた。

この画像の記事を読む

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ