ロータスカップ・ジャパン 2015の開催が決定

2014.11.26

ロータス・カーズ⽇本正規販売輸⼊総代理店であるエルシーアイは、ロータスカップ・ジャパン 2015 を開催することを決定した。

ロータスカップ・ジャパン・シリーズは、JAF公認のナンバー付きロータス⾞両のワンメイク・レースとして、2007年より2013年まで開催されてきた。2014年シーズンは、⼀時休⽌していたが、この度、⼤幅なレギュレーションの見直し、カテゴリー、クラス設定の改定、エントリーフィーの⾒直し(値下げ)等を⾏い、ロータスカップ・ジャパン 2015 として再開されることとなった。

11⽉25⽇現在で決定している内容は下記のとおりだ。

既存⾞両での参戦が可能
新たに、ロータスカップ・ジャパン専⽤のカップカーを購⼊しなくても、JAFが公認する安全装備を施すことにより、現在乗っているクルマでの参戦が可能。但し、トヨタエンジン搭載以降の⾞両に限る(エヴォーラ、ヨーロッパ S、2-ELEVEN(SC&NA)他⼀部のモデルを除く)。

最新モデル・エキシージS の参戦
2013年7⽉に⽇本市場に登場したエキシージSでの参戦が可能となる。

参加資格
ドライバーは、当該年度に有効なJAF国内A級ライセンス以上が必要。また、LCJへのドライバー登録が必要となる。

年間エントリーフィー
370,000円(消費税別)/年間4戦 + JAPAN LOTUS DAY 特別戦

クラス区分
・LCJ Class1 ・・・ EXIGE S(V6)
・LCJ Class 2 ・・・ 2-ELEVEN CUP/EXIGES/EXIGE CUP240/EXIGE CUP 255EXIGE CUP260
・LCJ Class 3 ・・・ ELISE S(2ZR)/ELISE SC/ELISE R/EXIGE/EXIGE CUP190
・LCJ Class 4 ・・・ ELISE S(1ZZ)/ELISE(1ZR)

ロータスカップ・オフィシャルテクニカルスポットの設置
レースに参加しやすい環境を整えるため、ロータス正規ディーラー、サービススポット拠点より、レギュレーションに基づく⾞両製作、メンテナンス等の対応ができるロータスカップ・ジャパン公認のテクニカルスポットを全国数ヶ所に設置。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース