2023年 欧州新車販売、EVが下支えに ディーゼル車と比肩 テスラの飛躍

公開 : 2024.02.19 18:05

2023年の欧州市場はパンデミック発生以来の好調をマーク。中でもEV(電気自動車)の牽引力が高く、201万台出荷で市場シェアは16%に上昇、ディーゼル車に迫る勢いを見せた。一方で小型ガソリン車も重要視される。

欧州市場の回復、EVが牽引

2023年、欧州市場の新車販売はパンデミック発生以来、最高水準を記録した。この好調を支えたのが、販売台数が前年比で28%増加したEV(電気自動車)だと専門家は分析する。

2023年に欧州全域(英国を含む)で販売された自動車は1279万2151台で、2022年比22%増、2020年比で7%増となった。調査会社ジャトー・ダイナミクスのアナリスト、フェリペ・ムノス氏は、パンデミックによるサプライチェーンの混乱はほぼ解消され、市場が正常化したと評価する。

2023年の欧州のEV販売台数は201万台で、市場シェアは16%に上昇した。
2023年の欧州のEV販売台数は201万台で、市場シェアは16%に上昇した。

しかし、自動車所有に対する消費者の考え方の変化と新車購入コストの上昇を理由に、「2019年に記録した1500万台を超える台数は見込めそうにありません」とした。

EV販売台数は201万1209台に増加したが、その中で主役となったのがテスラだ。同社のモデルYは販売台数25万1604台で欧州全体で最も売れた車種となり、EVとして初めて車種別トップに立った。次に人気のあったEVはモデル3で10万888台だった。

この結果、フォルクスワーゲントヨタといった大企業にはまだ遠く及ばないものの、ブランド別販売台数では日産ボルボを抑え、16位にランクインした。

「テスラは適切な時期に、適切な場所で、適切な製品を提供している」とムノス氏は語る。

しかし、欧州の自動車業界はまだ「大きなハードル」に直面している。というのも、フリート(社用車、レンタカー)市場向けのEVの販売台数は51%増加したが、個人消費者向けは9%と、不釣り合いに伸びているからだ。

ムノス氏は、これは個人からの「関心の低さ」によるものであり、「自動車メーカーにとって、個人向け販売は最も収益性が高い傾向にある。個人を惹きつける努力が不可欠だ」とした。

欧州におけるEVの市場シェアは、2022年の14%から昨年は16%に上昇した。ガソリン車は56%から58%に上昇したが、ディーゼル車は18%から16%に、PHEV(プラグインハイブリッド車)は9%から8%にそれぞれ低下した。

小型のBセグメントが引き続き好調な売れ行き

2023年の欧州市場の成長の大部分はEVとSUVが担っていたが、屋台骨となるのは引き続き手頃な価格のガソリンエンジン車であった。

ルーマニアのダチアが販売する小型車サンデロは、18%増の23万4715台を登録し、車種別で2位についた。3位はSUVのフォルクスワーゲン・Tロック(20万4610台)だが、ルノー・クリオ(20万1604台)、プジョー208(19万3679台)、オペル/ヴォグゾールコルサ(18万8154台)と同様の小型車が続いた。

ダチア・サンデロ(写真)のようなBセグメントの小型ガソリン車が根強い支持を誇る。
ダチア・サンデロ(写真)のようなBセグメントの小型ガソリン車が根強い支持を誇る。

一方、内燃エンジンを搭載するフィアット500(10万8943台)とフィアット・パンダ(12万4796台)は、いずれも発売から10年以上が経過しているにもかかわらず、車種別トップ30にランクインした。

記事に関わった人々

  • 執筆

    チャーリー・マーティン

    Charlie Martin

    英国編集部ビジネス担当記者。英ウィンチェスター大学で歴史を学び、20世紀の欧州におけるモビリティを専門に研究していた。2022年にAUTOCARに参加。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事