ランドローバー・ディスカバリー・スポーツSE

公開 : 2014.12.08 23:40  更新 : 2017.05.29 19:17

■どんなクルマ?

単に ’フリーランダーの後継者’ という言葉では言い表せないのが、ランドローバー・ディスカバリー・スポーツだ。

英国はリバプール、ヘイルウッド工場で組み立てられるこのモデルは、£30,000(568万円)から£40,000(757万円)の価格帯に属するBMW X3やボルボXC60などをライバルとするのが一見適切に思われるが、実際の全長はそれらよりもずっと長く、広々としたキャビンには5+2座のシートが配される。

エクステリアは同ランドローバーのイヴォークと多くの共通点が見受けられ、これまでディスカバリーが全面に押し出していた ’実用一辺倒’ なキャラクターから、どこか高級感を感じさせるルックスに生まれ変わった。

それでも先代のディスカバリーを思わせる要素はきちんと引き継いでおり、ランドローバー社のデザイン・チーフでディスカバリー・スポーツのデザインを担当したゲーリー・マクガバーン氏は ”たしかに他にもっと優れたデザインを纏ったクルマもあるかもしれません。しかしランドローバーにしか成し得ないクラスを牽引する実用性は、このモデルでも健在です” とコメントした。

実はこのクルマの開発の背景には、おもしろいストーリーがある。

イヴォークがデビューしてからというもの、ディスカバリーを始めとするランドローバーの4×4モデル達は、非常に窮屈な思いをしていたのだ。その理由は他でもなく、イヴォークがあまりに売れすぎてしまったから。なんとイヴォークは年間120,000台も売れ、当初予想していた売上台数の2倍をはるかに上回ってしまったのだ。

アメリカや中国にディスカバリーの存在を忘れられる前に、何としてでもよりモダンなモデルを開発せねば……ということから、ディスカバリー・スポーツが生まれたのである。

■どんな感じ?

主要パーツはイヴォークと共有する部分が多いけれど、完全に一致している部分は実はそんなにない。フロント・サスペンションやエンジンの横置きレイアウト、シャシーにスチール素材を用いた点こそ共通ではあるものの、後部の構造は完全なる新設計で、全長は90mm、ホイールベースは80mm延長されている。またリアのマルチ-リンク・サスペンションも新しいものに置きかわり、全長が伸びた分インテリアのスペースも飛躍的に向上している。

したがってディスカバリー・スポーツの2列目のシートは前後にスライドでき、シートを前にした際は広大な荷室容量を、シートを後ろにした際はクラス随一の足元のスペースを確保できるようになった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事