ボルボ、全車種にインテリセーフ10を標準装備

2014.12.18

ボルボ・カー・ジャパンは、日本国内で販売する全車種に、安全・運転支援システム、インテリセーフ10を標準装備すると発表した。

インテリセーフ10は、今まで標準、あるいはオプション設定していたオートブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、車間警告機能、DAC(ドライバー・アラート・コントロール)、LDW(レーン・デパーチャー・ウォーニング)、LKA(レーン・キーピング・エイド)、BLIS(ブラインド・スポット・インフォーメション・システム)、LCMA(レーンチェンジ・マージ・エイド)、CTA(クロス・トラフィック・アラート)、RSI(ロード・サイン・インフォメーション)などがセットとなったセーフティ・パッケージに、リア・ビュー・カメラを追加し、合計10種類以上の先進安全装備および運転支援機能をセットとしたもの。これが、国内で販売する全モデル、全グレードに標準装備となる。

関連テーマ

 
最新国内ニュース