リセール・バリュー対決

公開 : 2014.12.19 23:50  更新 : 2017.05.29 19:51

コンパクト・クロスオーバー対決 – ダチア・ダスター vs 日産ジューク

英国内では1年につき30,000台が売れるという日産ジューク。これほど売れるのだから、おそらくそれなりの理由はあるはずだ。

ジュークの多くのオーナーはSUVとしての走破性よりも、新鮮で他と異なった ’なにか’ を求めていることは筆者にも理解できる。もしジュークのルックスを気に入ったのならば、買えばいい。じつにシンプルである。

ただしもっとハンサムで、他のライバルのとなりに停めたとしても気が引けないクルマをお探しならば他にもある。そのうえさらに実用的で、動力性能や経済性が高いとくれば答えはひとつしかない。

ダチア・ダスターのことである。日本在住の読者ならば馴染みがないかもしれないけれど、日産ジュークとどのような勝負を繰り広げるのかは、なかなかの見ものだ。

まずはダチア・ダスターのおさらいからといこう。車両価格はジュークの£15,320(281万)に対して£9,495(174万円)。維持費だってダスターの方が安く済む。また、この手のコンパクト・クロスオーバーによく見られる、ハッチバック車をそのまま嵩上げしたようなプロポーションではなく、きちんと4WD車らしいルックスを採用していることも写真をみればよく分かる。

ダチアという会社は、その一種独特な商品の売り方でも知られている。決して値引きやセールを行わないのだ。安く売れば売るほど、手放した際の価格はさらに下がるという負のスパイラルを見越しているからだ。

したがって新車で購入して3年間維持したとしても£4,000(73万円)ほどの価格低下に抑えられている。BMW X5の中古車市場をご覧になれば、いかにダチアを買うことが手堅い選択肢であるかがお分かりいただけるかもしれない。

ただしこのダスター、シート・ヒーターもなければDABラジオもスマートフォン接続機能もない。そんなもの必要ないのさ、といわんばかりにいたるところが簡素なのだ。ドア・ロックは手動、ヒーターこそあるけれどエアコンはなく、ステアリングも調整できない。ラジオさえもオプション扱いなのだ。

ジュークに比べるとメカニカル要素の洗練もいまひとつ。時にキメの粗いエンジン音も聞こえてくるし、高速道路上での振る舞いにはどこか懐かしささえもある。

けれども筆者はダスターが大好きだ。ジュークは演出過剰なマナーと、どこか突っ張った印象のサスペンションを用いて、ドライバーを楽しませようとすることに一生懸命なあまり、こちらとしてはやや身構えてしまうからなのだろう。

ギンギンと回るターボよりも、これ見よがしなブースト・ゲージよりも、スポーツ・モード時にステアリング重くしたり、ガスペダルのレスポンスをグッとシャープにするよりも、ダスターの柔らかくシンプルで懐深きキャラクターの方が、心を委ねることができるのだ。

ナチュラルなステア・フィールに、ほんのすこしゆったりとしたレスポンス、粘り強い身のこなしなどはダスターにしかなく、着飾っているというよりも素性の良さを控えめにアピールしているといった印象が強い。

またダスターはクロスオーバーとしてのゆとりもきちんと確保されている。ジュークならば、長身の大人は頭をかがめて後席に乗る必要があるのに対して、ダスターのキャビンは非常にゆとりがある。

この手のクルマを選ぶとしたら、筆者はユーザビリティを優先する。心地よいハンドリング・マナーを携えているダスターは長旅でもジュークほど疲れることはないだろう。

ダチア・ダスター1.6アクセス

価格 £9,494(175万円)
最高速度 167km/h
0-100km/h加速 11.5秒
燃費 14.1km/ℓ
CO2排出量 165g/km
乾燥重量 1160kg
エンジン 直列4気筒1598cc
最高出力 105ps/5750rpm
最大トルク 15.1kg-m/3750rpm
ギアボックス 5速マニュアル

日産ジューク1.2DIG-T アセンタ

価格 £15,320(282万円)
最高速度 179km/h
0-100km/h加速 10.8秒
燃費 17.8km/ℓ
CO2排出量 129g/km
乾燥重量 1236kg
エンジン 直列4気筒1197ccターボ
最高出力 115ps/4500rpm
最大トルク 19.4kg-m/2000rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事