メルセデス・ベンツCLS350 AMGライン・シューティング・ブレーク

公開 : 2014.12.21 23:50  更新 : 2017.05.13 12:50

■どんなクルマ?

永続的な魅力にあふれたCLSシューティング・ブレークの最新版を試す。

新しい意匠のヘッドライトにグリル、バンパーなどが外から見てわかる変更点。中期モデルというのが正式な立ち位置で、インテリアも同じように細かい変更が加えられている。

エンジンのラインナップも新しくなり、このモデルからは9速のオートマティック・ギアボックスが組み合わされる。今回のテスト車両は6気筒の350ブルーテック版だ。

全モデルの車両価格も見直され、こちらのモデルは標準装備が増えているにもかかわらず、先代の350CDIより£1,600(30万円)安く手に入れることができる。

■どんな感じ?

シューティング・ブレークのいでたちは、サルーンよりも恰好よく思えるのだが、読者の皆様はいかがだろう。伸びやかなシルエットに、すらりと流れるようなルーフ・ラインは、優美という表現意外に似つかわしいものはなさそうだ。

ワゴンの形を纏っているにもかかわらず、荷室や後席のゆとりが増していないことなど、もはやこの際どうでもよくなってくる。比べていいか分からないけれど、ポルシェパナメーラアウディA7には到底真似できない美しさだ。

インテリアは、ステアリング・ホイール、スイッチ、レザー装飾などが新しくなっている。しかしもっとも目を引くのは8インチの新型ディスプレイ。’コマンド・オンライン’ マルチメディア・システムを司る、重要なパーツだ。

贅沢を言うならば、もう少しディスプレイ枠のマージンが小さくても良いように思えるものの、SNSのアップデートやウェブ・サーフィンができるのはありがたい。

9速ギアボックスはメルセデス内製で、3.0ℓ V6ディーゼルとの相性はとてもいい。変速に迷いはまったくなく、2000−3000rpmの美味しい回転域を巧みに保ちつづけてくれる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×