レクサスLBX 詳細データテスト インテリアの質感は高い 意外に硬い乗り心地 モアパワーがほしい

公開 : 2024.06.08 20:25

結論 ★★★★★★★☆☆☆

小さくてもチープではないクルマ、というのは魅力的なアイデアだ。人や荷物をどれだけ運べるかという点で、小型車は使い勝手に限界があるものの、それ以外に便利な点は多い。そこに高級感を加えるというのは、やる価値のある商品企画だ。

LBXは、そんな期待のいくつかに応えてくれたが、すべての希望を満たしてはくれなかった。インテリアの雰囲気や質感はうなずけるもので、スムースで経済的なハイブリッドパワートレインは穏やかなクルージングをするのに最適だ。

結論:たしかに小さなプレミアムカーだが、それ以上ではない。
結論:たしかに小さなプレミアムカーだが、それ以上ではない。    JACK HARRISON

走り味になじむにはちょっと時間を要する。レクサスはこのLBXを、もう少し快適で上質なクルマに仕上げられたのではないかとも思うが、意外なほどダイナミックなシャシーと、硬いが減衰のうまいサスペンションは、より抑えが効いて腰の据わった方向で、魅力的な乗り心地をもたらしてくれる。

運転支援やインフォテインメントに関していえば、わざと気に触るように作ったわけではないだろうが、配慮不足からユーザーフレンドリーでなくなっているシステムもある。とはいえ、ソフトウェアからサスペンションのチューニング、装備のレベルまで、もっと慎重に検討されていれば、LBXは余裕で、より完成された堂々たる小さな高級車になれただろう。それこそ、われわれが望むものだ。

担当テスターのアドバイス

イリヤ・バプラート

こんなにお節介でなければ、もっとLBXが好きになれるのに。もちろん、ドアを閉め忘れたり子どもを車内に置き去りにしないためのブザーにはもちろん賛成だが、不要なときには切れるようにしてほしい。

リチャード・レーン

GRヤリスのランニングギアを用いたモリゾウRRコンセプトは、発売を期待したい。GR版LBX、もしくはGRヤリスの高級版として、普段乗りのクルマに選ぶスーパーカーオーナーは多いだろう。200psちょっとのFFモデルというのもおもしろそうだ。

オプション追加のアドバイス

グレードは下位か上位の2択。中間機種は装備内容がどっち付かずだ。上位のタクミには、ステアリングホイールヒーターや本革シート、マトリックスLEDヘッドライトなど、魅力的なアイテムが装備される。

改善してほしいポイント

・サスペンションはソフトに。ベーシック仕様のサウンドはもっと上質に。そして、もっとエキサイティングなパワートレインの追加を。
・過保護すぎやしないだろうか?
・ステアリングホイールのボタン風デバイスをもっと使いやすく。さもなくば、実体ボタンに差し替えてもらいたい。

記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 撮影

    ジャック・ハリソン

    JACK HARRISON

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事

 

レクサスの人気画像