メルセデス・ベンツ、新型Bクラス発売

2015.01.09

メルセデス・ベンツ日本は、昨年10月のパリ・モーターショーでフェイスリフトが行われた第2世代のBクラスを、2月初旬から発売、注文を1月9日より開始すると発表した。

スタイリング上の変化は、より効率的な冷却性能を確保した大きなエア・ベントの付いたフロント・バンパー、リデザインされたフロント・グリル、デイタイム・ランニング・ライトが統合されたヘッドランプなど。また、LEDハイパフォーマンス・ヘッドライトをオプションで選択することが可能だ。リア・スタイルも新しいテールランプ・グラフィックスや、深くなったバンパー、そして台形のエグゾーストなどが採用されている。ちなみに、B180ブルー・エフィシエンシーでは0.25というクラス・トップのエアロダイナミクス・パフォーマンスを実現している。

安全運転支援システムは、自動緊急ブレーキで追突を回避または被害軽減を効果的にサポートする “CPAプラス(緊急ブレーキ機能)” や、長時間走行時のドライバーの疲労や眠気を70以上のパラメーターで検知して注意を促す “アテンションアシスト” 、縦列駐車や並列駐車時にステアリングおよびブレーキを制御してアシストする “アクティブパーキングアシスト”、180度まで視野角を拡大した鮮明な画像の “パーキング・アシスト・リアビュー・カメラ” を全車標準装備するとともに、車間距離を適切に維持するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた “ディストロニック・プラス” や、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する “ブラインド・スポット・アシスト” などを含む先進の安全運転支援システム “レーダー・セーフティ・パッケージ” をオプション設定している。更に、縦列駐車や並列駐車時にステアリングおよびブレーキを制御してアシストする “アクティブパーキングアシスト” も設定されている。

モデル・ラインナップは、1.6ℓ直列4気筒ブルー・ダイレクト・ターボ・エンジンを搭載したB180、B180スポーツと、2.0ℓ直列4気筒ブルー・ダイレクト・ターボ・エンジンおよびBクラスとして初めて可変トルク配分型4WDシステム、4MATICを搭載したB250 4MATIC スポーツの3モデル。

価格は、3,070,000円から4,900,000円まで。

 
最新国内ニュース