第3世代のキア・カレンス

公開 : 2012.07.26 17:45  更新 : 2021.02.20 18:43

9月のパリ・モーターショーで第3世代のカレンスを発表するとキアは発表した。

この初期デザイン・スケッチに見られるように、今までのような野暮ったいデザインを捨て、大胆なものになると見られている。マジェンティスをベースとするカレンスは2006年半ばに英国で発売された。新しいカレンスが2013年3月に発売されると、最も旧いキアのモデルはセドナとなる。

現在のモデルと同様に新しいカレンスは5シーターおよび7シーターとなる。エンジンは現時点では不明だが、1.4リッターと1.6リッターのガソリンとディーゼルが用意される。それは、シードのラインナップに近い。

キアのデザイン・チーフ、ピーター・シュライアーによって新しいカレンスは「ダイナミック・スペース」というテーマで作成される。それは低いルーフライン、スリークなプロフィールとグラスハウス、強いベルトライン、大きなアロイ・ホイールを持つ。

関連テーマ