ホンダN-BOXスラッシュ

公開 : 2015.02.04 23:40  更新 : 2017.05.29 19:09

■どんなクルマ?

ホンダの軽自動車シェアを一気に拡大することに成功した、新世代の軽自動車・Nシリーズの最新モデル。N-BOX、N-BOX+、N-ONE、N-WGNに続く第5弾モデルとなる。

車名やフロントマスクからもわかるとおり、N-BOXスラッシュはN-BOXの派生車種で、エンジンやトランスミッションなどのドライブトレインはN-BOXと共通となる。

特徴的なスタイリングは、N-BOXをベースにピラーを水平にスライスしてルーフを下げたようなデザインを採用。アメリカのカーカスタム・シーンで「チョップド・トップ」と呼ばれる手法と同等のコンセプトで、スポーティかつカジュアルなイメージを演出している。

より若いユーザーに訴求するというメーカーの狙いはインテリアにも現れており、ストリートロッド/ブライトロッド/ダイナー/グライドという4つのテーマに則したスタイルパッケージを用意。目にも鮮やかなシート表皮やインテリアカラーを採用し、豊かな遊び心をアピールする。

そしてもうひとつ、特徴といえるのがタイプ別に設定される「サウンドマッピングシステム」だ。8つのスピーカーとひとつのサブウーファーを備えるオーディオシステムで、軽自動車のクラスを越えたサウンドを実現。ドライブ中あるいは休憩中の車内で音楽が欠かせないというユーザーにとって、魅力的な装備といえるだろう。

■どんな感じ?

クローム仕上げされたドアノブに手をかけると、ルーフラインの近さに思わず「おっ」と声が出る。N-BOXに比べて全高で100mm、さらにサスペンションの変更により車高が10mm下げられているN-BOXスラッシュだが、実車を前にするとその数値以上に『チョップドルーフ感』を感じる。

クーペをイメージしてデザインされたというサイドビューは、ウィンドウ下部のラインが後方に向けてハネ上がり、いかにも若い世代をターベットにしたクルマらしく躍動感のあるもの。フロントドアはルーフ高を下げたことで天地が短くなっただけでなく、車体の前後方向に延長されている。リアドアのノブはピラーに隠されるようにデザインされており、いずれも2ドア・クーペをイメージさせる演出だ。

シートカラーやインパネのデザインはNシリーズに共通するもの。インパネから伸びるシフトレバーに手をかけ、Dレンジにセット。Nシリーズに乗るたび感じるのだけど、シフトレバーのコココッという操作感の心地よさは数ある軽自動車のなかでもダントツにいい。同じようにインパネシフトを採用しているフリード系では、各シフトポジション間の距離が詰まりすぎのような印象もあったけれど、Nシリーズはじつに小気味がいい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ホンダの人気画像

×