ホンダN-BOXシリーズを一部改良

2015.02.05

ホンダはN-BOXシリーズにマイナーチェンジを施し、2月5日から発売を開始した。

エクステリアおよびインテリア・デザインについては、ベーシック・グレードはより親しみやすく上質に、カスタム・モデルはより重厚感のある外観にデザインを変更した。N-BOX カスタムと、N-BOX + カスタムのターボ・モデルのインテリアに合皮コンビシートを採用し、カスタムモデルのターボに、LEDポジション・ランプとLEDフォグ・ライトを標準設定した。

使い勝手に関しては、チップ・アップ&ダイブ・ダウン機構付スライドリアシート(5:5分割式、4段リクライニング付)をN-BOXにメーカーオプション設定し、シートバック・テーブルをスライド・リア・シートとセットでのメーカー・オプション設定した。

この他、IRカット<遮熱>/スーパーUVカットガラス(フロント・コーナー/フロント・ドア)、ロール・サンシェード(リア・ドア)をタイプ別に設定するとともに、オート・リトラ・ミラーをメーカー・オプション設定(カスタム・モデルには標準設定)した。

また、燃費に関しても25.6km/ℓ(JC08モード)に向上させている。

価格は、1,270,000円から2,014,800円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース