マセラティ・トロフェオMCワールドシリーズの日本初開催が決定

2015.02.10

今年で6年目を迎えるマセラティ・グラントゥーリズモMCによるワンメイク・レース、マセラティ・トロフェオMCワールドシリーズだが、年間6戦が予定されているレース・カレンダーに、日本の鈴鹿サーキットが含まれることになった。

今年からピットストップ無しの42分間の2レース方式に変更となったマセラティ・トロフェオMCワールドシリーズ。全6戦の参加費用は€125,000(1,680万円)で、参加ドライバーはサーキットまでの旅費は自己負担ながら、それ以外、つまり走行から食事まで全て含まれたパッケージ料金となっている。マセラティは、マセラティ・トロフェオMCワールドシリーズをGT4インターナショナルカテゴリーに参戦させる計画で、協議案として、US モータースポーツ機関との協議完了後にはピレリ・ワールドチャレンジ選手権の北米大会で2レースの実施を検討中だという。

なお、今シーズンのスケジュールは以下の通り。

第1戦 4月23〜26日 ポール・リカール/フランス
第2戦 5月22〜24日 レッドブルリング/オーストリア
第3戦 6月26〜28日 ロードアメリカ/米国
第4戦 8月21〜3日 バージニア・インターナショナル・レースウェイ/米国
第5戦 10月23〜25日 鈴鹿/日本
第6戦 12月9〜11日 ドバイ/アラブ首長国連邦

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事