フォーカスSTエステート vs プジョー308 SW vs セアト・レオン・エステート

公開 : 2015.03.16 23:40  更新 : 2017.05.29 19:32

フォードプジョーセアトから轡を並べるディーゼル・ワゴンはすべて、実用性のみに的を絞っているわけではない。然らば、一番楽しいクルマは一体どれなのだろうか?

今日びのクロスオーバーといえば、ハッチバック車の ’着せ替えモデル’ であることが多い。確かに小型車よりも勇ましいルックスを好むオーナーの気持ちも理解できるが、結果として振るわないクルマが多いのも事実だ。

かたやワゴンはいかがだろう? 確かにこれもセダンをベースとした派生モデルには変わらないが、これを単なるマーケティングありきのクルマと見なす頻度は(クロスオーバーに比べて)少ないだろう。

事実、ワゴンになることによって後席以降のスペースは大きくなっているし、かと言って大幅に乾燥重量が嵩むこともない。FF車に限ってではあるが、ハッチバックよりもバランスに優れるクルマもあるくらいだ。

唯一の弱点といえば、スポーティなクーペや安心感をもたらしてくれるセダンに比べて、’どこか実用最優先すぎるような……’ と感じさせる ’生活感’ がクルマから滲み出しているところだろうか。

しかしながら、メルセデス・ベンツC63 AMGエステートを始めとする、ワゴン特有の生活感と、常軌を逸したハイ・パフォーマンスというギャップにくらりとくる層が着実に増えているのも事実。

その影響もあってかハイ・パフォーマンス・ディーゼル・ワゴンも以前より確実に勢いを増している。ならば今回は、フォード、プジョー、セアトからナンバーワンのディーゼル・ワゴン決めようと思ったのである。

連れだした3台に共通する長所といえば、その広大な荷室容量は当然のことながら、優れた燃料消費率やスポーティな味付け、そして非力で装備も少ないBMW 316dよりも遥かに安い点などが挙げられる。

名ばかりのクロスオーバーより優る点は、確実に、そしてたっぷり用意されているのである。

3台中もっとも高価なモデルはプジョー308 SW GT HDi 180である。いわゆるプレミアム感を売りにすることを考えれば£26,845(481万円)という価格も悪くはないが、他2台に比べるとやや高価な印象は否めない。

これに対してセアトは、レオンST FR 2.0TDIをもって£23,815(427万円)という、プジョーより遥かに安いプライス・タグを掲げるうえに、諸元表を見るかぎり、パフォーマンスも優れているため要注意車両だといえる。

フォルクスワーゲンによる無敵のMQBプラットフォームをベースとするこのクルマのリア・サスペンションはマルチリンク式でもある。構造から期待できる洗練性も含めれば、1位になる可能性だって十分にある。

プジョーとセアトの間に割って入るかたちとなるのがフォード・フォーカスST TDCiといったところだろうか。£24,795(444万円)という車両価格を始め、燃費、出力もちょうど中間に位置する。

しかしこれまでの試乗記が如実に示すように、ここ最近のフォードは、とかく運転が楽しくなるクルマを世に送り出している。それに ’ST’ バッジを付けていることからも、数値以上の期待を寄せても良さそうである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記
×