コーンズ名古屋、オープン

2015.03.19

フェラーリ正規ディーラーであるコーンズ・モータースは、1976年にフェラーリの取り扱いを開始して以来、日本のフェラーリ文化を常にアシストしてきた。これまでコーンズの名古屋における拠点は栄にあったが、このたびショールームを名古屋市千種区千種駅前の錦通に移し、「コーンズ 名古屋」としてグランド・オープンした。

「コーンズ 名古屋」は、市内中心部からはもちろん郊外からクルマで訪れ易い場所にあり、かつJR中央線・地下鉄東山線の千種駅からも至近の立地で、アクセス性の良さが特徴だ。またこの場所は、かつてコーンズのショールームがあった歴史的な地でもある。

「コーンズ 名古屋」は店舗面積をこれまでの約1.5倍となる643.55㎡に広げられ、ゆったりとした新ショールームは2フロアで構成され、白を基調にカウンターや壁面の赤をアクセントカラーに配したフェラーリの最新CIに準拠して製作されている。1階の新車フロアには3台が展示されると共に、オリジナルのフェラーリを創り上げるためのパーソナライゼーション・ルームが設けられている。

2階はフェラーリ認定中古車のフロアとされ、選りすぐりの高品質な4台が常時用意される。このほか2階には、フェラーリ・オフィシャル・グッズを取り揃えたコーナーと、特別な顧客向けのラウンジ・スペースが用意されている。

オープニングにあたりフェラーリ・ジャパン 代表取締役社長のリノ・デパオリ氏もお祝いに駆けつけ、「フェラーリの最新CIを採用した最新のショールームを、オープンできたことを大変喜ばしく思います。コーンズ・モータースとの長年のパートナーシップにより、フェラーリと信頼をお客様にご提供できることをお約束します。フェラーリのショールームで味わえるユニークでエクスクルーシブなサービスを知って頂きたいと思います」と語った。

コーンズ・モータース株式会社 代表取締役社長 猿丸安人氏は、「このコーンズ名古屋のグランド・リニューアルを実現でき大変嬉しく思っております。弊社のモットーである『常に最高のサービスを提供する』という精神により、お客様にフェラーリの購入に際してエキサイティングな時間を更に楽しんでいただけるものと確信しています。」とコメントした。

このあとリノ・デパオリ・フェラーリ・ジャパン 代表取締役社長(写真右)とコーンズ・モータース株式会社 代表取締役社長の猿丸安人氏(写真中央)、コーンズ名古屋ジェネラル・マネージャーの伊藤丈二氏(写真左)の3名によりテープカットが行われ、「コーンズ名古屋」は新たな歴史を刻み始めた。

「コーンズ名古屋」では、グランド・オープニングを記念して、フェラーリ最上級のパーソナライゼーション・プログラム「フェラーリ・テーラーメイド」により製作された2台を特別展示している。ひとつはカリフォルニアTにコーンズがセレクトしたコーンズ・ブルーの外装色を始めとするテーラーメイドの特別装備を約1,100万円分組み込んだもの。もう1台はF12をベースに日本をイメージしたパール・ホワイトとレッドのエクステリアに加え、細部の素材やデザインまでこだわってオーダーし約1,600万円分のテーラーメイドを組んだ、世界で1台の特別仕様車である。これからオーダーを考えている方には、テーラーメイドの可能性を理解できる立体的なカタログとして大いに参考となろう。

名古屋を中心とする東海地方でフェラーリの購入を考えている方にとって、これまで以上に刺激的で充実したショールームは、訪れた時からエキサイティングな体験ができよう。

店舗住所:愛知県名古屋市千種区内山3-23-15
電話番号:052-753-9095
営業時間:平日10:00〜19:00 土曜・日曜・祝日10:00〜18:00
定休日 :年中無休

 
最新国内ニュース

人気記事