ポルシェ・パナメーラS E-ハイブリッド 第1回

公開 : 2015.04.06 20:50  更新 : 2017.05.22 13:53

最新のポルシェのハイブリッドモデルはどのようなレベルにあるのか。ぜひとも、知っておきたいので、今回は2週間に亘るレポートを行うことにした。パナメーラについては、このモデルが発売された2009年当初、V8エンジン搭載のパナメーラ4Sを購入し、1年間で約2万kmを走破した体験があり、その動力性能の素晴らしさと居住性の良さは充分に知り尽くしているところである。しかも、所有期間中、ただの1回も壊れず、最近のポルシェの品質の良さを体現していたので、非常に楽しいポルシェライフを送れたと記憶している。特に走行性能の良さは群を抜いており、この車種でサーキットを走る人はめったにいないと思うが、実は見かけによらずサーキットでもかなりのタイムを出すことも実証済みであった。だから、この2週間レポートはとても楽しみだったのである。

さて、昨年、日本市場にも導入されたパナメーラS E-ハイブリッドは、基本的にはV6ガソリンエンジンで駆動し、それに電気モーターとリチウムイオン電池を組み合わせて、EVとしても走行ができるという基本構造である。専用のチャージ器具が用意されているので、もちろん外部電源によるチャージはできるが、走行中のチャージだけで実際は何の問題もない。

パナメーラS E-ハイブリッドのスペックをおさらいしておくと、全長5015mm、全高1418mm、全幅1931mm、ホィールベースは2920mmで、ポルシェとしては最大級のサイズのモデルである。エンジンはV型6気筒2995ccで、これに定格出力24kw、95psの電気モーターが組み合わされ、トータルのパワーは416ps/5500-6500rpm、60.2kgm/1250-4000rpmのパワーを発生する。この出力は、パナメーラ4Sよりもやや少ないレベルで、ポルシェに相応しい充分なパワーを発揮できるが、バッテリーやモーターなどで重量が嵩み、車重は2130kgになっている。この重さはややハンデだが、それを補うのがハイブリッドシステムということなのだろう。カタログ上のデータでは、最高速270km/h、0-100km/h加速5.5秒ということになっており、燃費の良いスポーツモデルとしては何の不満もない。確か、私のV8モデルでの経験では、燃費は5〜6km/ℓであったと記憶しているので、このハイブリッドモデルはどの程度の数値がでるのか、興味深かった。

3月11日
前日に、目黒のポルシェ ジャパンから借りだし、雨の中、簡単な撮影を済ませた。今日は甲府までのロングツーリングで、様々な状況での使い勝手を検証したいと思う。パナメーラS E-ハイブリッドのボディカラーは純白のホワイトで、エンブレムやブレーキ・ローターのアシッドグリーンがアクセントになって、さわやかな雰囲気を醸し出している。内装はタンで、ダッシュボードには、通常のポルシェとはいささか異なったメーターが配置されている。エネルギー効率メーター、バッテリー残量メーター、レブカウンター、フューエル・ゲージが並び、そしてマルチ・ファンクション・メーターでは、刻々と変わるエネルギーのフローもチェックすることが出来る。イグニッションキーをひねると、聞き慣れたスターターモーターの音も、エンジンの始動もせず、ただ、メーターの針が動くだけなので、いささか戸惑う。スタート時はバッテリー残量が低下していない限り、EVモードに入るので、そのままアクセルを踏み込めば、モーターの僅かな唸りとともに静かに走り出す。最初はこのスタートが不思議な感じだが、慣れると、なかなか良いものだと思えてくる。ガソリンエンジンのクルマの、アイドリングストップから始動するときのようなショックは全く無く、EVからエンジンへの移行もショックはゼロだ。仮にEVでの走行可能距離の表示が消えるほど残量が低下しても、エンジンが稼動するので問題はない。高速に入り、EVチャージモードに切り替えると、通常、20〜30kmの走行で、フル充電の状態に復帰する。その時は18〜20kmほどEVモードでの走行が可能な状態になる。スポーツモードにすると、EVチャージは連動して解除になるが、このクルマをドライブしていると、めったにスポーツモードにしたいと思わなくなるから不思議だ。

この日は甲府まで約100km強を走り、ハイブリッドモデルの凡その感触が得られた。実家のホテルには、公共の充電スポットが2基用意されているので早速試してみる。これで、20km走行可能な状態に戻った。ちょっとした外出の際も、充電設備があればすぐにチャージが出来るので便利である。しかし、この充電は、通常、毎日乗っていれば、チャージは自動的にされるので敢えてする必要は無く、その点はとても良い。注目の燃費については次回で。
パナメーラS E-ハイブリッドをさらに詳しく知る
Motoring Month / 水平線へのドライビングマップ ーー スティーブ・クロプリー 英国版/編集長