スバルSTIパフォーマンス・コンセプトがニューヨークでデビュー

公開 : 2015.04.02 22:40  更新 : 2017.06.01 02:10

スバルBRZがベースとなるSTIパフォーマンス・コンセプトは、スバルのサブ・ブランドであるSTIの将来的な可能性を指し示すモデルである。

標準のBRZのサスペンション、シャシー、エアロダイナミクス、内装などはすべてコンセプト用に再設計されている。

スーパーGTレース用のEJ20型2.0ℓ水平対向4気筒ターボ・エンジンを搭載することで、最高出力は304psを発揮する。

2014年5月、スバルは、新中期経営ビジョン ’際立とう2020’ を発表。このビジョンでは、2020年に目指す姿を ’大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業’ とし、その実現に向け ’スバルブランドを磨く’、’強い事業構造を創る’ の2つの活動に集中するとのこと。

’強い事業構造を創る’ という取り組みの一環として、STIパフォーマンス・コンセプトが生まれたというわけだ。

ちなみにSTIパフォーマンス・コンセプトというネーミングが実際のプロダクション・モデルにも適合されるかどうかはまだ明らかになっていない。

▶ 2015 ニューヨーク・モーターショー