トヨタ・オーリスをマイナーチェンジ

2015.04.06

トヨタは、オーリスをマイナーチェンジし4月6日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、走りと低燃費を両立した最上級グレード、120Tを新設定している。これはトヨタ初となる新開発1.2ℓ直噴4気筒ターボエンジンを採用したモデルで、最高出力は116ps/5200-5600rpm、最大トルクは18.9kg-m/1500-4000rpmを発揮する。シリンダヘッド一体化エキゾースト・マニホールド、可変角を拡大した吸気側VVT-iW、燃料噴射システムD-4Tの採用により高熱効率を追求するとともに、アイドリングストップ機能などを採用し19.4km/ℓという走行燃費を実現した。

また、安全面では衝突回避支援パッケージ、トヨタ・セーフティ・センスCを装備。これは、レーザー・レーダーとカメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、衝突回避支援型プリクラッシュ・セーフティ、レーン・ディパーチャー・アラート、オートマチック・ハイビームなど、多面的な安全運転支援を可能にしたパッケージだ。

内外装では全長を55mm拡大しプロポーションを一新したほか、フロント・グリルを中心にスタイリングを変更。内装はピアノ・ブラックとサテン・クロームメッキ加飾を施したインストルメントパネルを立体的に配置したほか、4.2インチTFT14カラー・マルチ・インフォメーションディスプレイを採用した。

外板色は、新色2色(ブルー・メタリック、シトラス・マイカメタリック)をはじめ全7色を設定。内装色は、新色ルージュを150Xに追加設定した。

価格は1,789,855円から2,590,037円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×