スズキ、2気筒0.8ℓディーゼルをインドに投入

2015.06.03

スズキは、軽量・コンパクトな2気筒0.8ℓの小型車向けE08A型ディーゼル・エンジンを開発した。インド子会社マルチ・スズキ・インディア社が生産・販売する小型車のセレリオに搭載して、インド国内向けに発売する予定だ。

スズキはこれまで他社からの供給やライセンス生産によって1.3〜2.0ℓのディーゼル・エンジンを主に海外向けのモデルに搭載してきたが、インド市場でのディーゼル・エンジン仕様車の需要に対応するため新たに2気筒0.8ℓディーゼルを自社開発したもの。

このエンジンは、シリンダー・ブロックの材質にアルミニウムを採用し、コンパクトなエンジンに適した小型の燃料供給システムとターボチャージャーを搭載することで軽量化を実現ている。また、低圧縮比化と大型インタークーラーの搭載により、低回転域での高トルクと燃費性能を両立しいるという。パワーは46.6ps/3500rpm、トルクは12.7kg-m/2000rpmだ。

ちなみに、このディーゼル・エンジンを搭載したセレリオは、インドであトップの燃費性能となる27.62km/ℓを達成している。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース