ボルボXC60 T6 AWD R-デザイン チューンド・バイ・ポールスター

公開 : 2015.06.08 23:50  更新 : 2017.05.29 19:08

  • 60シリーズは基本骨格を1つ上のS80/V70と共有する。いってみれば、Eクラスのプラットフォームを使ったCクラスであり、5シリーズから生まれた3シリーズなのだ。

  • いまも昔も安全性を第一としてきたボルボが変わろうとしている。テクノロジーの進化と法制度の変化によって受動的衝突安全性が当然のことになってきた。しかも環境性能への適応が急がれている。そういう変化の中で、ボルボ自身、安全性だけではない魅力を模索している。

  • いまが変革期であることはボルボに限らないわけだけれど、この北欧の自動車メーカーは確実に変わりつつある。

■どんなクルマ?

さよなら、直列6気筒エンジン! を記念した、ボルボの本年7月末までの期間限定特別仕様車の1台である。XC60 T6 AWD R-デザイン チューンド・バイ・ポールスター。長い名前である。XCはボルボのSUVを、60シリーズは中核モデルであることを示す。ご存知のように、60シリーズにはセダンのS60、ワゴンのV60もあって、それぞれにT6の設定がある。今回の特別使用車は、すべてのT6エンジン搭載車に用意されている。

T6はストレート6を搭載するモデルを指す。直6モデルは自動的にAWD、電子制御の4輪駆動となる。3ℓターボ・エンジンは最高出力304ps、最大トルク44.9kg-mを発揮する。FWDでは路面に伝えきれないからだ。

R-デザインはボルボのスポーティ仕様で、専用の内外装を持つだけでなく、スポーツ・サスペンションを標準とし、XC60の場合は20インチのアルミ・ホイールがおごられる。タイヤは255/45とひときわ太くて扁平だ。テスト車はピレリ・スコーピオンZEROを履いている。

最後のチューンド・バイ・ポールスター。ポールスターはスウェディッシュ・ツーリング・カー・チャンピオンシップ(STCC)に参戦するために1996年に設立されたエンジニアリング会社である。98年からボルボのモータースポーツにおけるパートナーとなり、やがて高性能モデルの共同開発に着手、2013年に初の生産車、S60/V60ポールスターを発売する。いわばミニとジョン・クーパー(古すぎ?)、メルセデスとAMG、BMWとM、あるいはアルピナみたいな関係だ。

珍しいのは、”ポールスター・パフォーマンス・パッケージ” なる20万5715円(消費税/工賃込み)のディーラー・オプションである。STCCで連戦連勝のポールスターが開発したエンジンのソフトウェアを書き込むことで、およそ20psのパワーアップを図ることができる。このパッケージは180psの1.6ℓターボ、T4エンジンでも対応可能だけれど、今回は直6への惜別を込めて、T6モデルにタダで提供する。

テスト車の場合、定価719万円+20万5715円なので、本来なら739万5715円となる。それが、なんと特別価格689万円! 50万円の大幅値引きである。ボルボのサマー・セールの目玉商品なのだ。

 
最新試乗記

人気記事