ランボルギーニ・ウラカン

公開 : 2015.06.12 23:50  更新 : 2017.05.29 19:21

■どんな感じ?

速く、うるさく、外交的。4WDのクルマとしては極めてシャープかつインパクトがある。一言でいってしまえば ‘正真正銘の’ ランボルギーニである。

そして件のステアリングだが、やっぱりLDSを選ばないほうが、操舵フィールはクリーンだし、速度に左右されない一貫性がある。

他のコンベンショナルなスーパーカーとくらべて明らかに目立つ大げさなルックスもいい。ガヤルドよりもアグレッシブで魅力的に見える。

あなたが長身ならば、キャビンはややタイトに感じるかもしれない。質感はとても高く、組み付け精度にもなんら不満はない。

ドライビング・ポジションはパーフェクトではないが良好。足の長いドライバーならば、やや足もとは窮屈に感じられるかもしれない。

インストゥルメンタル・パネル上ではモードに合わせた様々な表示が楽しめる。液晶になっているため、スピード、タコ・メーターの他にナビも表示可能だ。

残念なのは水温ゲージとフューエル・ゲージのそばでレブ・カウンターとスピード・メーターのアナログ表示が同時にできない点だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ランボルギーニ ウラカンの人気画像