新型ホンダ・シビックの初スクープ・ショット

公開 : 2015.06.16 22:50  更新 : 2017.06.01 02:09

2017年後半に登場が予定されている新しいホンダ・シビックのはじめてのスクープ・ショットだ。

今年4月のニューヨーク・モーターショーでプレビューされたシビック・クーペと基本を同じにするデザインで、今回スクープされた4ドア・サルーンと、5ドア・ハッチバック、そしてタイプRがラインナップされることとなっている。また、まだ不確定要素もあるが、エステート・バージョンであるツアラーも加わるかもしれない。

今回のスパイ・ショットでは、そのデザインについては新鮮さを感じさせないが、インテリアのスクープからはダッシュボードを含め全てが新しくなることが明らかになっている。

その開発は、日本、英国、アメリカで同時に行なわれているが、ホンダUKの責任者であるフィリップ・クロスマンは、この新しいシビックにはハイブリッド・ユニットが搭載されるとコメントしている。ニューヨーク・モーターショーの会場でもクロスマンは「クラス・トップのハイブリッド・ユニットが新しいシビックには搭載される」とし、「それはVTECと同等以上のインパクトのあるものだ。」と語った。

インサイトでハイブリッド・カーを初めて登場させたホンダだが、現時点ではハイブリッド市場で遅れをとっていることをクロスマンは素直に認めている。

関連テーマ

人気テーマ