フォルクスワーゲン・トゥーラン1.6TDI SE

公開 : 2015.06.30 23:30  更新 : 2017.05.29 18:57

フォルクスワーゲンの3代目のMPVはちょっとだけ退屈だが、隙がなく、高級感があり、スマートで実用的である。

■どんなクルマ?

フォルクスワーゲンが誇る、とても成熟したミドル・サイズMPVはいよいよ3代目となり、完全なる最新型へと移行した。

家族をもちながらもダサいMPVだけはご勘弁……といったお父さんを振り向かせるためのニッチ・モデルという立ち位置は今回も変わらない。

一癖あるわけでもなければファンキーでもスポーティでもない単なるMPVであるが、これまで同様スマートかつ隙がなく高級感に溢れている点もこれまでどおり。

変更点のうちもっとも目立つのは、やや大きくなった一方、車重は軽くなり、高価になったことだ。

フォルクスワーゲン・グループが用いるMQBプラットフォームを適合することにより、ホイールベースを伸ばすことに成功。フロント・オーバーハングは短くなり、乾燥重量は62kg低減した。全長が130mm伸びたにもかかわらず、だ。

英国内の価格変動は特になし。エントリー・グレードにも衝突軽減システムがつき、タッチスクリーン・マルチメディア・システム、DABブルートゥース・メディア・ストリーミング、エアコン、ルーフ・レール、7人用のシートのすべてが標準となる。

英国のマーケットでは、2種のターボ・ガソリンと3種のターボ・ディーゼルの5展開。

前者は1.2と1.4のTSIと呼ばれ、それぞれが110psと150psを発揮。1.4TSIはマニュアルとDSGの2種から選ぶことができる。後者はお馴染みの1.6と2.0のTDIとなり、出力は110ps〜190psのあいだの3展開となる。190psのモデルだけDSGのみしか選べないが、以下2種はマニュアルとDSGの両方から選ぶことができる。

■どんな感じ?

ミドル・スペックに位置する1.6TDIのSEグレードが英国ではもっともポピュラーになることを予想して、今回のテスト車も同じものを選んだ。

プラグマティックかつ実用性がたかく、しゃれている。それに乗っていて心地がいいし、洗練の度合いもかなりたかい。驚くほど簡単に運転できるのもいい。

ただし、退屈なのはまちがいない。

インテリアはもっとも強力な武器になるだろう。テスト車両全展開のうちでは中級グレードにあたるのだが、見た目や触り心地はかなりいい。高級感さえある。

 
最新試乗記