スコダ・スパーブ・エステート2.0TDI 190 4×4

公開 : 2015.07.07 23:40  更新 : 2017.05.29 18:40

激安セダンのワゴン・タイプの内装は広く、費用対効果も高い。幸か不幸か、最上級グレードを買う必要もない。

■どんなクルマ?

スコダ贔屓のエグゼクティブたちは、先代のスパーブに誇りをもっていると当時に、決して美しいクルマでなかったことを認めざるを得なかった。

そして今回のモデルは、その最大の問題である醜さを過去のものにし、キレのあるボディワークとモダンなラインを身に纏うに至った。

また、スパーブは広いスペースと実用性のたかさをリーズナブルな価格帯で実現するというエトスをハッチバックよりも忠実に守っている。

その結果、リア・シートをたてた状態の荷室容量は660ℓに及び、メルセデスのE-クラス・ワゴンをも上回る。シートの折りたたみも片手で簡単にできる。

スコダの掲げる ‘simply clever’ の旗幟どおりだ。

フォルクスワーゲンのモデルでもおなじみのエンジン展開となるが、今回のテスト車は190psを生みだす2.0ℓ TDIユニットを積んだものだ。ハルデックスのオンデマンド4WDシステムとDSGオートマティック・ギアボックスを組み合わせられる唯一のエンジンと説明することもできる。

 
最新試乗記

人気記事