ディバインDSコンセプト

公開 : 2015.07.08 23:50  更新 : 2017.05.29 18:02

まだ公式に発表されたわけではないが、インサイダーいわく、2020年までにDSは6種類のモデル展開を確立させるようだ。大小のSUVに大小のサルーン、そして成功をおさめたDS3の後継などの存在が予想されている。

DSを率いるイヴ・ボネフォントがディヴァインDSを語るうえで強調するのは、官能的な造形美と非の打ち所のない室内の質感、そして落ち着きとパフォーマンスを両立させたダイナミズムだ。

いかにもコンセプトらしい装飾や上に跳ね上がるドアは製品化される際にはより現実的なものになるようだが、驚くことに、リア・ガラスをシェル・スタイルのエアロダイナミック・ストラクチャーで覆うのは製品版も変わらないという。

後方視界はカメラで撮影した映像で確認するのだそうだ。

映像は、従来ドア・ミラーとして使用されていた部分を液晶に取り替えることによって再生。現時点ではまだ完璧に後方を捉えきれてはいないが、この先数年の技術力の発展によって解決できる見込みなのだそうだ。

ボディの多くを覆っているシャープなダイアモンド型の模様は、今後のDSのスタイリングにも大幅に引き継がれるのだという。フロントのクローム時のパーツも同様である。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事