メルセデス AMG C63 S vs BMW M3 vs ヴォグゾールVXR8 GTS

公開 : 2015.07.13 23:50  更新 : 2017.05.29 19:32

メルセデス AMG C63 Sは510psであるにもかかわらず、1,100万円台で買えるスーパー・サルーンのなかではもっともパワフルというわけではない。

‘パフォーマンス・カー’ という単語は、自動車関連の媒体から消え失せるべきだと思っている。拡大の一途をたどる、豊潤かつバラエティーに富んだカテゴリーを表現するに、実に安易な言葉だと思うからだ。

回りを見わたせば、600psを超えるグランド・ツアラーや200psを超えるホットハッチ、強力なパワーを携えたワゴン・タイプ、4,000万円に及ばんとするスポーツカーなど、内容は多岐にわたっている。

‘パフォーマンス・カー’ という言葉では、何かをカテゴライズすることは、むずかしいのだ。

一概なスケールもないため、評価を下すのも実はむずかしい。今回の主役のようなスポーツ・サルーンだけでも、単に速ければチャンピオンになれるというわけではないのだ。

たとえば、歴史に名を刻んだスポーツ・サルーンを振り返ってみよう。E60のBMW M5、ロータス・カールトン、メルセデス・ベンツ300E AMG ‘ハンマー’ など、確かに速かったが、それだけが魅力ではなかった。メルセデス AMG C63 Sが510ps、BMW M3が431ps、ヴォグゾールVXR8 GTSが585psと、それぞれの出力に大きな差があるのも、そういった理由からである。

ともなう数値も重要だ。メルセデス AMG C63 Sが1730kg、BMW M3が1635kg、ヴォグゾールVXR8 GTS1834kg。メーカーの謳う乾燥重量を信じるとすれば、こちらにも大きな開きがある。

 
最新試乗記