フランス郵便をイメージしたルノー・カングー・ラ・ポストを発売

2015.08.26

ルノー・ジャポンは、ルノー・カングーの限定車、ルノー・カングー・ラ・ポストを150台限定で販売した。

カングー・ゼンをベースにした今回の限定車は、フランス郵便「ラ・ポスト」が郵便車に採用する特別色を、本家以外で世界初採用した。ボディ・カラーは ‘再現’ ではなく、フランス本国の郵便車のカラー ‘そのもの’ を使用しているのがポイントだ。

このほか専用装備として、シルバー&ブラック・フロントバンパー、 ブラック・リアバンパー、シルバー・ドアミラー、プライバシーガラス、フロント・シートバックテーブル、可倒式助手席を採用。

なお、カングーには従来からフランス郵便の要望に応えた装備を採用しており、操作の容易なエアプレーン・タイプのパーキングブレーキ、書類を収めるダッシュボードセンター・トレイ、郵便配達用バスケットをセットする可倒式助手席がカングー・ラ・ポストにも搭載されている。

また、フランス郵便の郵便車がボディサイドに、「www.laposte.fr」のURLを記載していることに倣い、「www.laposte.jp」のURLを持つ特設ページをルノー・ジャポンホームページ内に開設。商品情報の他、郵便車とルノー・カングーにまつわる情報を紹介している。

ラ・ポストにかけて、なんと郵便局の一部を貸し切って行われた発表会にてルノー・ジャポン代表取締役社長の大極司氏は、「商用車と自家用車のどちらの枠にもとらわれないこのクルマは遊び心がいっぱい詰まっています。秀でた機能をもつプロ仕様の道具を気軽に楽しんでいただきたいです」とコメント。

同会場にはフランスの郵便局が使用する郵便ポストも設置され、早速手紙を投函する記者も見られた。

価格は、2,415,000円。

 
最新国内ニュース

人気記事