スズキ・ワゴンR、ワゴンRスティングレーを発売

2012.09.06

スズキは、新型ワゴンRを9月6日より、新型ワゴンRスティングレーを9月19日より発売する。

今回フル・モデル・チェンジされたワゴンR、ワゴンRスティングレーには、スズキ独自の減速エネルギー回生機構システム、エネチャージ、新アイドリングストップシステム、アイドリングストップ中、エアコンが停止し送風状態になった時、蓄冷材を通した冷風を室内に送ることで車室内の温度上昇を抑制するエコクールなどの低燃費化技術や軽量化技術が盛り込まれている。

ワゴンR、ワゴンRスティングレーは、自然吸気エンジン搭載車(2WD)で28.8km/lの軽ワゴンNo.1の低燃費を実現。また、ターボエンジン搭載車(2WD)も26.8km/lの低燃費を達成している。これには、最大70kgにも及ぶ車体の軽量化で、軽ワゴンとしては最軽量の780kg(ワゴンR FX 2WD車)が大きく寄与している。

また、ロングホイールベースの新プラットフォームを採用し、室内長、前後乗員間距離を拡大して広々とした室内空間を実現したのも特徴だ。

価格は、ワゴンRが1,109,850円から1,451,100円。ワゴンRスティングレーが1,496,250円から1,613,850円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×