ポルシェ・マカンGTS

公開 : 2015.11.09 23:55  更新 : 2017.05.29 19:04

シリアスなオプションの追加と専用エンジン、そしてシャシーの調整によってポルシェのコンパクトSUVにもGTSのバッジが充てがわれることとなった。

■どんなクルマ?

ポルシェが ‘グラン・ツーリズモ・スポーツ’ のバッジを使いはじめてから、今回のマカンで10台目となった。

ボクスター、ケイマン、パナメーラカイエン……、なかには気に入らないモデルもあったのだが、往々にしてベース・モデルからの真っ当な進化を遂げていた。

そしてGTSの名をマカンも冠するようになった。ディーゼルのモデルでさえドライバーを楽しませてくれるクルマなのだから、期待は大である。

GTSが搭載するのは3.0ℓのバイ・ターボV6ユニット。ベース・グレードより20psのパワーアップした360psの値はトップ・レンジのマカン・ターボと基準車とのあいだに位置する。

空気流入の効率化とエグゾーストの背圧の削減、さらにブースト圧を1.2barまで高め、クランクを見なおすことで最大トルクは4.1kg-mアップの51.0kg-mに達している。

よって約1.9トンのSUVは静止状態から100km/hまでを5.2秒で駆け抜けることを可能にした。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×