メルセデス・ベンツSクラス、フェイスリフトのファースト・スクープ

公開 : 2015.11.14 22:20  更新 : 2017.06.01 01:41

メルセデス・ベンツSクラスに来年末に施される予定のフェイスリフトを捉えた初のスクープ・ショットだ。

現行で6代目となるメルセデス・ベンツのフラッグシップ・サルーンは、2013年に発表されたモデルだが、BMW 7シリーズ、アウディA8、ジャガーXJといったライバル達の攻勢もあって、フェイスリフトが望まれている。

新しいプロトタイプからは、LEDヘッドランプ・クラスターに変更を受ける以外は、大きなスタイリング上の変化はない。それよりもインテリアに大きな変更が加えられるようだ。

Sクラスがデビューした時には最新のデジタル装備であったものの、ライバル達の進歩によって、Sクラスのデジタル・インストルメントももはや最新ではなくなってしまった。それを一新するために、フェイスリフトするSクラスにはデュアル・スクリーン・セットアップを持つようになると思われる。また、現在の2スポーク・ホイールのデザインから3スポークに変更を受ける予定だ。

エンジン関係は完全に引き継がれる予定で、大きな変化はないが、燃費とCO2の向上は図られるようである。

なお、このフェイスリフトされたSクラスは、来年4月の上海モーターショーで公開される予定である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事