メルセデス・ベンツC250dクーペAMGライン

公開 : 2015.11.18 23:10  更新 : 2017.05.13 12:50

C250dクーペは楽しさ、実用性、ランニング・コストの3つの要素のバランスが美しく整っている。

■どんなクルマ?

“新型のメルセデス・ベンツCクラス・クーペは、Cクラス・セダンの単なる3ドア版ではない。”

はっきりと断言できる。

セダンよりもスポーティなのだという主張は、ボンネットやフェンダーに表れている。

マルチリンクのフロント・サスペンションもセダンと異なった味付けがなされ、車高は15mm低くなっているうえ、ステアリングのソフトウェアまで見なおされているからだ。

£895(17万円)のオプションではあるが、可変サスを採用した同クラス初のモデルでもあり、テスト車にも組み合わせている。

このページの主題は、2.1ℓのツイン・ターボ・ディーゼルを搭載しているにもかかわらず、他のスポーツカーと対等に渡りあっていけるか。

また他グレードを差しおいたイチオシになるか、である。

 
最新試乗記