ミニに更に3つのボディ・バリエーション追加

公開 : 2012.09.22 17:34  更新 : 2017.06.01 01:03

社長、ケイ・シゲールによれば、次の10年の間に、ミニ・ペースマンについで少なくとも3つのモデルを登場させる予定があるという。ご存知のとおり、ペースマンは、カントリーマンのクーペ・バージョンで、7つめのボディ・バリエーションだ。

その他に、マツダMX-5のようなロードスターと、コンパクト・サルーン、そしてMPVの計画があるという。それは2つの大きなマーケット、中国と北米を見据えたものとなる。

「われわれは2022年までに、合計10のミニのバリーエションを登場させる。」とシゲールはコメントした。

「少なくとも3つの新しいモデルが登場する。これにはペースマンは含まれない。」

コンパクト・サルーンは中国市場向けとなる。

「サルーンが中国で人気なことはわかっている。」とシゲール。

また、潜在的な市場、例えばインドなどでもサルーンは受け入れれるかもしれないと考えている。そのプラットフォームはクラブマンと共用することになる。

もう一つの新しいモデルは、フォードB-マックスに対抗する5シーターのMPVだ。カントリーマンと対になるモデルで、クラブマン・スタイルのリア・ヒンジのコーチ・ドアを持つモデルだ。

そして、固く口を閉じているが、3つ目のモデルは、MX-5のようなロードスターとなるだろう。

関連テーマ

人気テーマ