笹原右京特別インタビュー

2015.11.27

この秋、ルノー・スポールのラインナップに新しくくわわった「ルーテシア・ルノー・スポール・トロフィー」は、サーキットでタイムを削るために生まれてきた。このモデルを、レーサーの笹原右京が富士スピードウェイでテストしていると聞き、AUTOCARは取材を敢行。ピットに戻ってきた彼をつかまえ、インタビューをお願いした。

AC: まずは、今シーズンお疲れさまでした。今年はフォーミュラ・ルノー2.0でシーズン・ランキング3位という結果を残しましたね。

笹原右京(以下S): ありがとうございます。今年は序盤から調子がよくて、常にレースの1、2番を争えました。だから、ランキング3位という結果は嬉しいのですが、チャンピオンを狙えたはずなので悔しい一面もあります。

AC: でも、勝利をあげました。

S: ノーザン・ヨーロピアン・カップと、ユーロ・カップで、あわせて3勝をあげることができました。日本のファンの方が喜んでくれて、とても嬉しかったです。だからこそ、もう少し上を狙いたかったという想いがあります。

AC: たしかにアナタは妥協しない男だと言われていますからね。とくにセッティングについては妥協を許さないそうですね。

S: 自分でもそう思います。自分のスタイルにあったマシンができるよう、トコトン突き詰めます。クルマのセッティングを100%仕上げるのは難しい作業ですが、それがドライバーの仕事だと思うんです。

チームの意見と擦り合わせながらセットアップを詰めるわけですが、僕はレースに勝つために来ています。妥協して、僅差で負けるのは嫌ですから。

AC: セッティングにこだわるというアナタが、ルーテシアの特別なモデルを富士で走らせました。ルーテシア・ルノー・スポール・トロフィーの印象はいかがでしたか?

S: 僕が参戦しているフォーミュラ・ルノー2.0と運転の技術が通じあっています。基本の部分が似ているんです。

たしかにピッチングなどはレーシングカーとは異なりますし、乗る前は、前輪駆動車なのでアクセル・オンでアンダーステアになると思っていました。ですが、走ってみると、ハンドリングは非常にニュートラルです。「これは本当にFFかな」と思うくらい4輪がグリップしていて、インフォメーションを得られるのも特徴です。

AC: レーシングカーと通じている、というのは面白い見解です。

S: レースの技術が一番活きているのは、パドルシフトの反応です。今日はレースモードで走りましたが、一般的なクルマだとパドルでシフトアップ操作をしても、タイムラグの後に変速するんです。このクルマは、最高回転域まであげて、リミッターのピーという音がしてからシフトアップしても、パッとギアを入れてくれます。

シフトダウンのときに、ルノー2.0と同じパドル操作でトライしても、ギアをすぐに落としてくれます。シフトロックするようなこともありません。これは、すごいことです。レーシングカーでもドライバーのちょっとした判断ミスでシフトロックやリアをロックさせることが多いのですが、このクルマに関してはまったくありません。ルノー・スポールの技術が活きているなと思いました。

AC: 富士を走り終えて、第一声が「楽しい!」でした。

S: つい、声に出してしまいました。でも、ルーテシアが僕の運転になんでも応えてくれたので。ドライバーとしては自分の操作に応じてくれるクルマが一番嬉しいんです。だから、レースでもセッティングをトコトン煮詰めていきます。

このルーテシア・ルノ—・スポール・トロフィーというのは、全体的なセットアップがもう仕上がっていると僕は感じていて、どんなドライバーの運転にもきっちり応じてくれるから、楽しめるんです。

AC: 楽しいクルマというのは、近ごろ少なくなりました。

S: このクルマはレースの雰囲気を味わえます。ノーマル・モードだとアイドリング・ストップするクルマが、スポーツ・モード、レース・モードと変更するに従い、シフトスピードが速まるし(レース・モードは120msでシフトチェンジ)、ローンチ・コントロールまで付いています。僕みたいに日本の自動車免許を取り立て(!)の人にも、マニュアル・シフト車を乗ってきた人にも、ルノー・スポールの技術を味わえるのが大きいですね。だから走りだすと、自然に「楽しい!面白い!」という言葉が出てしまうんです。

AC: レーサーならではのお話を伺うことができました。ありがとうございました。

(写真・前田恵介)

ルーテシア・ルノー・スポール・トロフィー ●価格: 3,295,000円 ●0-100km/h加速: 6.6秒(参考値) ●乾燥重量: 1290kg ●エンジン: 直列4気筒1618cc ●最高出力: 220ps/6050rpm ●最大トルク: 26.5kg-m/2000rpm ●ギアボックス: 6速DCT
 
最新国内ニュース